作品

2018年09月28日

菅野麻衣子個展 漂流ページ

2年ぶりに東京で個展を開催します!

菅野麻衣子漂流ページ
2018年10月5日(金)- 14日(日)
12:00-19:00 最終日のみ18:00まで
AL  東京都渋谷区恵比寿南3-7-17

①レセプションパーティー
10月5日(金)18:00-20:00
ご予約不要

②ギャラリートーク
10月6日(土)16:00-16:30
ご予約不要
聞き手:芦沢ムネト
作品解説:菅野麻衣子
芦沢さんは、コントユニット「パップコーン」のリーダーをする傍、イラストレーター、東京FM「SCHOOL OF LOCK!」のパーソナリティーとしても活躍中。

 

HP用exh2018_al_main

 

 

少女たちをメインモチーフにしながら、私たちの日常と空想の行間に横たわっている微妙な情感を丁寧な筆使いで描き続けているのが、菅野麻衣子氏です。絵の人物たちは子どものような身体バランスを持ちますが、それらは菅野氏自身の分身のようであり、老若男女問わず共感できる一人芝居を演じて魅了するように見るものの心へ入り込んでいきます。絵のシーンの前後に長い物語性が感じられ、深読みしたくなるディテールが満載。アクリル絵具によるオーソドックスで鮮烈な塗りと、見るものをワクワクさせるカラー設計、そして着想豊かな構図の掛け合わせにより比類のない世界観を構築しており、また濃淡の使い分けだけで魅せる細やかな鉛筆画も大人気です。

仙台を拠点に国内外で活発に作品発表を続ける一方で、ロックバンド「Brian the Sun」の数々のCDカバーでも知られるなど、広告や商業デザインに近接する分野でも彼女の才能は高く評価されています。2018年には「遠野物語」のオシラサマの物語を独自の解釈で再構成した絵画で、佐々木喜善賞を受賞。ますます注目度を高めているところです。

本展は、菅野氏にとって2年ぶりとなる東京での個展です。「アンデルセン童話」「グリム童話」「遠野物語」などのストーリーからインスパイアを受け、それらの断章と作者自身のイマジネーションの交錯をテーマにした新作をメインに、大小の作品約25点を展示いたします。「本からページが抜け落ちてどこかに漂っていくように、絵の世界を膨らませてみたい」との意欲がタイトルに。アクリル画や鉛筆画に加え、それらを混合させた新しいタッチのシリーズも披露いたします。また、自作カレンダーやオシラサマブローチなどの新作雑貨類も紹介・販売いたします。

日記,NEWS by maikokanno